Search
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
スポンサーサイト
2013.05.21 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
感動名刺印刷代行業
2007.07.18 Wednesday 08:48
お題:

 『初対面の相手をアッと驚かせるような

  新しい商品・サービスを考えなさい』




シンキングタイム:

 う〜ん・・・

 あっ!ひらめき





そしてその商品・サービスの紹介を

『異業種交流会』というシチュエーションでロールプレイ。



私は名刺を持たず

ノートを一冊持ってロールプレイに参加。



私「はじめまして〜」

相手「あ、はじめまして〜」

私「私、○○といいます」

相手「私は××といいます」

  「どんなことされてるんですか?」


私「すいません、実は名刺切らしちゃってて・・・」

 「こういうのを描いてるんです」



と、おもむろに先ほどのノートをとりだす。

そこには(なぜか!)ケミストリーが描いたと一目でわかる

絵が描いてある。


実際に描いてあるのは

子供の落書きみたいなきったない絵の

四コママンガ(しかも描きかけ)なのだが

(なぜか!)ケミストリーが描いたと一瞬でわかるのだ。


相手「えっ!これ描いてらっしゃるんですか!?」

  「じゃあ、あなた、ケミストリーの・・・?」


私「いやぁ、実は・・・(ふっふっふ)」

相手「・・・・・・(どきどき)」

私「・・・・・・(ふっふっふ)」

相手「・・・・・・!!(どっきどき)」

私「違うんですよぉ!私、ケミストリーじゃないんですよ!」

相手「なぁんだぁ!!ああ、びっくりした!!」




私「と!これが私の仕事なんですよ!」

相手「!?」

  「どういうことですか?」


私「私の仕事は『感動名刺印刷代行業』なんです」

 「あのノートは名刺だったんですよ〜」

 「ノートを見せたとき、

  『この人ケミストリーなんじゃないか?』と

  『期待』しましたよね?」

 「相手に『期待』させておいて

  実はそうじゃないという『現実』を暴露する」

 「『期待』『現実』とのギャップに

  『感動』が生まれるわけです!!」

 「その『感動』を提供する仕事というわけです!!」


相手「へ〜!なるほど!!」

  「でもそれは『感動』というより

   『がっかり』ですよね」


私「・・・・・・・・・」






というところで目が覚めました。

イエス、夢です。


たしかに、これじゃ

『落胆名刺印刷代行業』ぢゃないか。


『期待』より『現実』が

上回れば『感動』

下回れば『落胆』

なんだなぁ。


しかもなんだ?

「あきらかにケミストリーが描いたとわかる絵」って?





なんだか最近、楽しげな夢をよくみます。


う〜ん。


最近さえてるゾ、私の夢。
 



参考資料:


 
| そうめい | 基本的に幸せな毎日♪ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2013.05.21 Tuesday 08:48
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://isy.jugem.cc/trackback/261